04

[ CAREERS 04 ]

先輩たちの仕事

三菱地所設計では、異なる職能の先輩たちがチーム体制でプロジェクトを進めていきます。
ここでは、代表的な8つの職能の先輩たちの仕事とその想いを紹介します。
※所属・入社年数はインタビュー当時のものです。

意匠設計とは?

建物の用途や周辺環境、事業主からの要望や経済性、法規などの諸条件に向き合い、設計の意図やアイデアをまとめ上げてデザインしていきます。プロジェクト全体のコントロールを担うのが意匠設計の役目です。三菱地所設計においては、多種多様な案件を担当できるフィールドが用意されているのが大きな特徴です。

働く上での指針
意匠設計で大切なのは、コミュニケーション能力

建築設計一部では、丸の内などの大規模オフィスビルを中心に、銀行、企業の研修施設など、さまざまな用途の設計を行っています。さらに国内に限らず、多くの海外プロジェクトも手掛けています。私は現在3年目ですが、入社当初より、銀行の本店建て替えプロジェクトや企業の支店ビルなどを計画の初期段階から任され、悪戦苦闘しながらも、どうにか現場段階までたどり着いたところです。また最近は、海外の大型案件のコンペにも参加するなど、設計者として充実した経験を重ねています。
そんな日々の中で感じているのは、意匠設計においては、知識やセンスといった部分も当然重要ですが、コミュニケーション能力も大変重要だということです。実際のプロジェクトを通じて、私たちは実にさまざまな方たちと一緒に仕事をしているということ。お客さまや他職能の設計者はもちろんですが、例えばCGパースにしてもプロの方にお願いしていますし、何かこだわった外装をつくりたいとなればメーカーの方に協力していただきつくり上げていきます。この仕事の肝は、さまざまな局面での打ち合わせの積み重ね。一人では何もできません。こちらのやりたいことを分かりやすく伝える能力、そして同時に、相手の要望や意図を理解し、汲み上げる能力を磨いておくことが大切だと感じています。

建築設計一部|入社3年目
塩田 佑太郎

物事を前に進める力、プロジェクトをかたちにする力

学生の頃は基本的に自分のつくりたいものを完成させ、その後作品としてプレゼンをすることに重きを置いていました。一方で実際の仕事では、つくっていく過程で説明を重ね、一つひとつイメージを共有しながら前に進んでいくことが求められます。また説明の仕方についても、自分の作品ではなくお客さまの建物をつくる立場ですので、相手の視点や想いに寄り添ったロジックの組み立てなど、より深い納得を得るために伝えるポイントを工夫しなければなりません。
上司と一緒に打ち合わせにいくと、お客さまへの話し方はもちろん、立ち居振る舞いも勉強になります。人それぞれに個性はありますが、お客さまや施工者とコミュニケーションを深めながら話を進めるのが、どなたも本当に上手いと思います。どんなに優れた発想であっても、相手に伝わらなければ、そして何よりかたちにならなければ意味がありません。物事を前に進める能力、プロジェクトを実現する能力に磨きをかけ、私も先輩方のようなコミュニケーション能力の高い個性ある設計者になれればと思っています。

幅広い知識の蓄積とネットワークづくりを積極的に

設計者としての視野を広げるために知識を蓄積すること、そしてネットワークを構築することも常に意識しています。当社には過去の素晴らしい作品がいくつもありますが、他社の作品にも幅広くアンテナを張り、新しい建物ができれば足を運び、利用している人に会って話を聞くことも積極的に行っています。  また会社としても、プロダクトデザイナー、グラフィックデザイナー、アートディレクターなど建築分野以外の方などを招いての勉強会が活発です。勉強会の中でさまざまな刺激をもらえるのはもちろん、その後の懇親会などを通じて築いた人脈は、今後仕事をしていく上での財産になると信じています。事務所で作業をするばかりではなく、より豊かな発想ができる視野の広い設計者になるために、今後もこうしたネットワークづくりは継続していきたいと思っています。

三菱一号館と丸の内パークビル

蓄積された体験、事例を自在に引き出せるように

視野を広げるためには、シンプルですが、さまざまな街をたくさん歩くことを意識しています。当社でも時間のある有志が集まり、今日は銀座を見て回ろうといった活動が定期的に行われています。私自身、街歩きは趣味のようなものですし、休みには積極的に海外旅行に出掛け、文化の違う街と建物に触れることを心がけています。
意匠設計においては、蓄積された体験の中から、そのプロジェクトに合ったイメージを引き出していくことが重要です。先輩方を見ていると、イメージの引き出しが多く、また、ここぞというときに事例を引き出す能力に長けていると感じます。たくさんの建物を知っていること、そしてそれを必要に応じて引き出せること。それもまた、発注者の想いに寄り添う建築を生み出すために不可欠な能力だと思います。

三菱地所設計を選んだ理由
仕事と人生の指針となる素晴らしい先輩がたくさんいます

三菱地所設計を選んだ理由は、大学時代に支店でアルバイトをしていたことが大きいです。ただ、一番の理由としては、就職活動中にいくつか企業を受けた中で、当社の面接をしてくださった方々の印象がとても良かったことが挙げられます。面接のわずかな時間の印象ですが、この方々と働いてみたいと思えるような雰囲気を感じたのを覚えています。実際に今は面接をして下さった方々のもとで仕事をしていますが、そのときの印象は今も変わりません。設計者として、そして社会人としての指針となる先輩方が、常に刺激を与えて下さっています。

学生の皆さんへのメッセージ
若手への信頼とフォロー、そして愛情がある会社です

入社前は堅い会社というイメージがありましたが、入社してみると役員から新入社員までフランクに会話ができる風通しの良い会社でした。先輩たちと楽しく飲みに行ける社風はとても良いと思います。設計についても、若手のうちから色々な経験ができ、大規模案件を任されることもあります。もちろん上司のフォローは強力ですので、苦労はありますが楽しみながら働ける環境です。また若手にとって一級建築士の試験は大変ですが、社内の支援制度や講習なども充実しています。これまでに学んだことや、やりたいことを実現できる環境が整っていますので、ぜひ興味を持っていただければと思います。