SOMETHING...

歓共健築/ZEBを含めた環境への取り組み

その先の建築へ"歓共健築"

三菱地所設計は、「健康経営の促進に寄与し健康的な環境を実現する建築=歓共健築」を提唱します。そして、地球 環境への配慮と快適性、健康増進、⽣産性の向上を両⽴させた付加価値の⾼い提案を⾏います。

歓共健築®は三菱地所設計の登録商標です。

ZEBに向けた取り組み-ZEBの実現と快適性の両⽴

ZEBへ向けた「省エネルギー性」の向上に加え、多様なワークスタイルやワーカーの好みにフォーカスした「快適性」の⾼い執務環境をめざし、⼤規模ビルにもさまざまな環境配慮技術を導⼊しています。これらの技術は、新規システム開発から実験段階・中⼩規模のビルでの実証段階を経て導⼊しており、シミュレーションや実測に基づきながら次世代の省エネ性と快適性を有するテナントオフィスビルの設計に取り組んでいます。

実験段階

 

実証段階

テナントビル
 

実証段階

大規模テナントビル
新丸の内ビル エコッツェリア
約80m2 2009年9月竣工
大手町ビル 三菱地所執務室
約360m2 2010年7月竣工
基礎技術・環境性能・普及性の検証
 
茅場町グリーンビルディング
約2,900m2 2013年4月竣工
 
大手門タワー・JXビル
約10,800m2 2015年11月竣工
一般的な大規模オフィスビルへ展開、新技術としてパーソナリティ空調デスクを開発

ハイブリッド輻射空調システムとタスクアンビエント空調システム
⼤⼿⾨タワー・JXビル

輻射式空調

天井⾯へ冷温⽔を流し、輻射の効果で穏やかに冷暖房する⽅式です。省エネ・快適性の向上に⼤きく貢献します。

個別冷暖房付きオフィスデスク【タスクデスク】(特許出願)

早稲⽥⼤学⽥辺新⼀研究室と共同研究・開発を進め、3 次元気流シミュレーションなどにより効果を検証しています。
各デスクで冷暖房調節できるので、ユーザー個々の好みの環境で働くことができ就業者の更なる快適性・知的⽣産性の向上が期待されます。

※【タスクデスク】の詳細はこちらを参照 >>

作業効率に関するアンケート

「この空調環境で働くことについて、仕事のしやすさ(作業効率)は今までと⽐較して変化したように感じますか︖」という問いに対し(2016 年8 ⽉実施n=97)、「⾼めてくれる」「やや⾼めてくれる」との回答が、輻射空調では27%、タスク+ 輻射空調では65% もあります。知的⽣産性が⾼いオフィスの実現に⼤きく寄与する技術であると考えています。

省エネ建築物プランニング一覧